【令和2年度】風しん予防接種の費用助成について【亀岡市】

最終更新: 3月4日

 こんにちは

 亀岡市で行われている福祉政策のなかで妊娠希望女性に対しての風しん予防接種の費用女性が行われており、その期限が3月末までとなっています。

以下亀岡市HPからの引用です

【令和2年度】風しん予防接種の費用助成について

風しんの免疫を持たない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に感染すると、生まれてくる子どもに難聴や心疾患、白内障などの障害が起こる「先天性風しん症候群」を発症するおそれがあります。生まれてくる子どもの「先天性風しん症候群」を予防するため、予防接種を受けましょう。亀岡市では風しん予防接種(麻しん風しん混合ワクチンまたは風しん(単抗原)ワクチンの予防接種)を受けた人に費用の助成を行っています。
対象者 亀岡市に住民登録のある人が対象です。 ・風しん抗体価の低い、妊娠を希望する女性 ・風しん抗体価の低い妊婦の同居者で、風しん抗体価の低い人 ただし、過去にこの助成を受けられた人は対象となりません。
助成対象となる接種期間 令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで
助成額 麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)(上限)6,400円 風しん(単抗原)ワクチン(上限)4,000円 ※助成額上限の範囲内で自己負担額を助成します。 ※生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は、健康増進課窓口で別途申請により助成(上限あり)します。

補助金額が

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)(上限)6,400円

風しん(単抗原)ワクチン(上限)4,000円


となっており、一旦医療機関で支払い後に助成を申請する形になります。



現在ワクチンの入荷等の関係上MRワクチンを利用させて頂いております。

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

自費支払い11,000円-助成費用6,400円=実質4600円となります。


どうしても風しん単独ワクチンをご希望の場合は少しお時間を頂戴することがあります。

その場合風しん(単抗原)ワクチン(上限)

自費支払い8,000円ー助成費用4,000円=実質4000円となります。

これから妊娠を希望される方や妊娠中に低抗体価を指摘され次のお子さんをお考えのかたはご検討ください。


これから妊娠を希望される方で抗体価の不明な方は

京都府の事業によって検査を無料で受けられますのでこちらもご参考にしてください。

風しん抗体検査の無料実施について

対象者 ・妊娠を希望する女性 ・抗体価が低い妊婦の同居者(配偶者等) ただし、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに風しんの予防接種歴(2回以上)がある方、若しくは検査で確定診断を受けた風しんの既往歴のある方は除きます。